専業主婦は消費者金融に申込めるか

専業主婦がカードローンを申し込もうとした場合、消費者金融のカードローンのほうが審査が緩く借りやすいというイメージを持ちますが、消費者金融には総量規制という収入の三分の一までしか借り入れが出来ないという規制があるので、収入のない専業主婦では、借入が可能となります。

それでも消費者金融から借入しようとすると、配偶者の年収を合算して借入する事ができる、配偶者貸付という方法があります

配偶者貸付で借りられる?

配偶者貸付は配偶者の同意書が必要であり、住民票、戸籍抄本など公的書類が必要になりますので、旦那に内緒で借り入れを考えている場合、それは不可能になります。

アコム・プロミス・アイフル・モビット・レイクALSAなどの大手消費者金融は受付なし。
ベルーナノーティスは受付アリですが、手続きに時間がかかります。

銀行カードローンは?

旦那に内緒で無収入の専業主婦がお金を借りようと思ったら、借入枠限定の専業主婦でも借入出来る銀行カードローンがあります。
銀行カードローンは総量規制対象外の銀行法のもとに運営しているので、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば収入証明なしで申込みが出来るのです。

収入のない専業主婦がなぜ収入証明なしで、申し込めるのかというと銀行や保証会社の持つデータベースの情報機関の範囲で審査をするので配偶者に在籍確認の電話がかかってくる事が無いのです。

借入限度額が限定されているので、小額になりますが家計のやり繰りなど、大きな出費にならなければ利用しやすいカードローンになります。
今ではインターネットで簡単に申込みが出来たりテレビ窓口など設けている銀行があるので、直接窓口まで行って申込みをする手間が省けます。

そして何より、誰にも知られずに借入の申込みが出来るのです。
口座を持っていれば即日審査可能であったり、融資枠がついているキャッシュカードを持っていると即日融資も可能です。

銀行カードローンに申し込む際に気を付けたいこと

しかし、注意する点もあります。
借入額が少額ですので、金利は最高金利が適用される可能性が高いです。

それでも銀行カードローンなので、消費者金融会社よりは金利は低いといえます。

返済額も月々1000円から出来たり、提携のATMなら手数料無料で24時間利用可能であったりとサービスも充実しているので専業主婦でも家計への負担が少なく、安心して利用しやすくなっています。

専業主婦でもお金を借りたいときがある

例えば税金が払えない、急に子どものクラブで必要な用具を買い替えなきゃいけなくなった、思いのほか車検に費用が掛かったなど、日々やりくりしていても、どうしてもお金が必要になることもあります。

そんな時は必要な分だけ借りて、その場を乗り切り、きちんと返済できれば何の問題もありません。

お金が必要になったら、専業主婦でも借りられry銀行カードローンに申込んでください。